beautiful girl

職業別ランキング

本音の叫び投稿もできる話題のツーショットチャットは評判がとても良いです。好きなだけ会話が楽しめます。

世の中には、様々な職業がある。職業によって、年収や労働条件は異なる。
ポータルサイト「年収ラボ」は、様々な統計データを基に、職業別の平均年収と給料についてリサーチした。以下は、平成24年度におけるランキング結果の上位5位である。
【職業別年収ランキング】
1位:パイロット。平均年収は1152万円で、平均月収は90万円である。
2位:医師。平均年収は1144万円で、平均月収は88万円である。
3位:大学教授。平均年収は1081万円で、平均月収は65万円である。
4位:大学准教授。平均年収は862万円で、平均月収は53万円である。
5位:警察官。平均年収は813万円で、平均月収は49万円である。

この結果から、専門的な資格、知識、スキルが必要な職業が高収入を得ていることがわかる。
ただし、同じ職業であっても、職場、役職、能力等の諸条件によって収入は異なる。

雇用形態がアルバイト・パートの場合、給料は時給制であることが多い。また、勤務時間や日数も比較的融通が効くため、副業としても働きやすい。本業では足りない収入を補ったり、貯蓄を増やしたりする手段として有効である。
多くの求人情報サイトでは、毎月、アルバイトの平均時給を発表している。アルバイトの時給は、職業、地域、時期によって異なる。
アルバイトで高収入が稼げる職業とはなんだろうか。株式会社マイナビが発表した、2014年1月のアルバイト時給調査の結果を基に考えてみたい。

2013年1月の全国平均時給は、979円である。「マイナビバイト」では、アルバイトを16の職種に分類して、それぞれの平均時給を算出している。
最も平均時給が高かった職種は「エンジニア・サポート・保守」で、全国平均時給は1387円である。
2番目に時給が高かった職種は「教育」で、平均時給は1290円である。
3番目は「医療・介護・保育」で、平均時給は1207円である。
4番目は「営業」で、平均時給は1191円である。
5番目は「イベント・キャンペーン」で、平均時給は1151円である。

一般的に、SEなどのエンジニア系、家庭教師などの教育系、看護師などの医療系は、高収入アルバイトだと言われている。株式会社マイナビによる発表も、それに合致する結果となった。
この他、いわゆる「水商売」「風俗」と言われるアルバイトも、高収入が得られるとして知られている。
例えば、株式会社インテリジェンスは、キャバクラ、ガールズバー、スナック等の求人情報を扱う「ナイトワークan」を運営している。そこには、時給3000円以上の高時給求人だけを掲載するページが設けられている。

派遣労働者の給与は、時給制が採用されていることが多い。
株式会社エン・ジャパンは、毎月、派遣スタッフの募集時平均時給を発表している。なお、データは、同社が運営する派遣情報集合サイト「[en]派遣のお仕事情報」に掲載された求人情報に基いている。
2014年1月における派遣労働者の全国平均時給は、1495円である。

エン・ジャパンは、派遣の平均時給を大きく6つの職種に分けて分析している。6つの職種を全国平均時給が高い順に並べると、次のような結果となった。なお、()内は全国平均時給の額である。
【IT系(1921円)】【技術系(1629円)】【クリエイティブ系(1609円)】【オフィスワーク系(1447円)】【医療・介護系(1370円)】【営業・販売・サービス系(1366円)】※全て、データは2014年1月のものである。

IT系やエンジニア系は、数ある派遣の中でも、需要が多く活躍の場が豊富な職種だと言われている。専門性が高いため、IT系やエンジニア系に特化した派遣会社もある。
主に、開発職、ネットワーク職、WEBクリエティブ職、機電系職、テクニカルサポート職といった募集がある。
職種や経験にもよるが、月収30万~60万円という高収入を得ることも可能である。また、能力が収入に反映されやすいとも言われている。

girl walking in lake

アルバイトとは

アルバイトとは、非正規雇用の一種であり、期間を限定して労働する雇用形態で雇用される従業員のことを指す。
期間は一日から数年のこともあり、仕事内容や雇用主の希望により異なる。
一般的には、学生が就業しながら単発的に行う仕事のことを指す場合も多いが、非正規で雇用されている学生以外の人を指すこともある。
給与は正社員よりも低い場合が多いが、特定の接客業や専門職では、正社員の給与を超える高収入のアルバイトもある。

アルバイトの現状は、多くの企業が存在する日本で募集しているため、手軽に働くことができ人気である。
高収入のアルバイトは多くあり、医師や弁護士、社会保険労務士など国家資格を所有している仕事は高収入である。
アルバイトは好きな時間帯、期間など自由であるので、副業や学生の収入源となり人気である。
高収入を稼ぐためには、時給が高く、長い時間働く事ができる仕事の選定が求められ、老若男女誰でも働く事ができるため人気である。

学生時代にするアルバイトは、様々な仕事を経験して社会性を身につけ人間関係が広がり、礼儀や礼節の大切さを学べる場所である。
また、仕事も自由に選ぶことが出来るため、自分の得意な分野や興味のある分野に挑戦ができ、時間帯や職種によっては高収入のアルバイトを見つけることも可能である。
アルバイトを通して、生活に必要な収入を得ること以外に、接客の知識やコミュニケーション能力を養うこともでき、将来どんな仕事に就いても役に立つ大きな財産になる。

young girl sitting on the grass

自宅

2008年のデータによると、在宅就業者数の推定値は123.5万人である。その内、副業として行っているのは36.3万人である。
すなわち、在宅就業者の約30%は副業で行っているということである。

また、「在宅ワークに関する総合支援サイト」は、在宅ワークを始めた理由に関するアンケート調査を行った。
その結果、28.7%の人が「副収入を得るため(副業として)」と回答した。

自宅で非雇用就業を行っている人の中には、それ以外の本業を持っている人も多いということがわかった。
その理由として、次のような理由が挙げられる。
●自宅でできるので、通勤時間が必要ない。
●自分の都合に合わせて仕事の量を調節できるため、本業との両立がしやすい。
●休日や帰宅後など、空いた時間を有効活用して副収入を得ることができる。

株式会社インテリジェンスは、サラリーマンを対象として、副業に関するアンケート調査を行った。(調査日:2011年3月1日)
なお、対象となったサラリーマンとは、関東、関西、東海地域在住でホワイトカラー系の正社員として就業している25~39歳の男女である。
その結果、20.1%すなわち約5人に1人のサラリーマンが、何らかの副業をしていると回答した。

副業の内容について尋ねた所、最も多かったのは「サービス業(接客・販売)」だった。その割合は、28.9%である。
2番目に多かったのは、「ホームページ制作・CGなどの制作)」である。その割合は、9.3%である。
以下、「ネットビジネス(通販・アフィリエイト)」「病院事務/薬局業務」「講師/家庭教師/試験官」「警備/軽作業」「製造/土木作業」「株/FX」「運送/配達」「PC・回線設定/プログラミング」「コールセンター」「事務作業」「チラシ配り」といった回答が挙げられた。
一般のアルバイトで募集されている職種の多くが、サラリーマンの副収入手段としても用いられているとわかる。

株式会社インテリジェンスの調査によると、サラリーマンが副業で得る収入の平均は、月4.3万円である。
回答の内訳を見ると、最も多いのは1万円台で、その割合は23.8%である。
以下、2万円台が21.3%、3万円台が13.8%と続く。なお、3万円台以下という回答が全体の60%を占めていた。
社会人の副収入といえど、金額としては高校生や大学生のアルバイトと大差ないということが窺える。

サラリーマンは、副収入を何に使っているのだろうか。
同調査では、最も多い回答は「趣味・娯楽費」だった。その割合は、44.4%である。
次いで「貯蓄」が28.9%、「生活費」が26.7%という結果となった。
すなわち、本業の収入だけでは生活できないから副収入を得ているサラリーマンは、3割に満たないことがわかった。
7割以上のサラリーマンは、趣味や娯楽のためか、あるいは貯蓄のために副収入を得ているのである。

blonde and commissions

派遣の概要

雇用形態のことである。
派遣元である人材派遣会社に登録し、取引先となる事業所に派遣される。
そして、その取引先で担当者の指揮命令の元、労働サービスを提供する雇用形態である。
実態としては、正社員のあてがなく選択肢がなくやむを得ずなった者が多数を占める。
正規雇用が減少し、非正規雇用が増加する中、高収入が望めないこの雇用形態では生活していけない者もおり、格差社会の元凶であるとの声も多くあがり、今やこの雇用形態は社会問題にまで発展しているのである。

不景気に陥った時、企業はコスト削減のために正社員よりも派遣社員を多く受け入れる傾向が見られる。
現在はやや景気が良くなり、少し前までに比べれば正社員雇用が増えたものの、依然として派遣社員が担う役割は大きい。
しかし、派遣社員は一般的に収入が少ないとされている。
もちろん貢献度が高ければ、企業によっては高収入も見込めるし、正社員への昇格もありえる。
ただ、福利厚生や手当が必ずしも満足いくものだとは限らないのである。

高収入派遣のメリット日本の景気も右上がりになってきている中、高収入の派遣が増えてきている。
派遣のメリットは1日単位での業務が多く、日払い雇用もあるのですぐにお金が欲しい人にとっては好条件である。
業務内容は比較的に簡単なのが多く、初めての人にとっても仕事しやすい環境である。
また、自分の都合の良いときに入れる仕事先が多いので時間を有効に使うことができる。
そのうえ短期、長期の両方があるので働き手にとって働きやすい職場であることは間違いない。